肌荒れ ニキビ
     

日光を少しは浴びたほうがよいは本当か?

昔は、健康美とされていた小麦色の肌も、今では見方がだいぶ
変わってきたようです。紫外線は肌老化を早め、果ては皮膚ガンにまで
至ることがあるというのは、恐ろしい話です。

  「でも少しは浴びないと、骨が弱くなるのでは…」と考える人もいる
ようです。確かに、紫外線は体内のビタミンDを活性化させ、
骨へのカルシウム沈着を促す作用があります。  

ただ、それに要する紫外線はごく微量で、骨のためにわざわざ浴びる
必要はありません。どんなに日焼け止めを塗って紫外線を防いでも、
多少は浴びてしまうので、骨を守るにはそれで充分なのです。

ちなみに、骨粗しょう症になるのは、紫外線不足でもなく、カルシウム
不足でもなく、運動不足が最大の原因とされます。運動をしないと、
骨のカルシウムは 増えないからです。
 
よって結論からいうと、医学的には、紫外線は人体に対して
「百害あって一利なし」と考えられています。  

とはいえ、今でも、日焼けしている人のほうが真っ白な人よりも
健康的だ、というイメージは、みなさんの中にあるでしょう。

日焼けしている人は、アウトドアスポーツなどをしている場合が多く、
実際、室内でばかり過ごす人より健康的な人が多いわけです。  

つまり、日焼けが健康によいのではなく、屋外で動くことが健康によいの
ですが、イメージの中でそれらが混同されているわけです。

したがって「日焼け止めを賢く使って外でたくさん動く」というのが、
本当の意味で、美容と健康によいのです。

紫外線の影響/紫外線 カット/吸収剤と散乱剤/日焼け 止め/シミ//A波 B波 影響
光老化/SPF/SPF 選び方/PA/PA 選び方/日焼け止め ノンケミカル/化粧下地/
ノンケミカル化粧品/塗り方/ファンデーション/クレンジング/海 山/肌荒れ/塗る量/SPF30と50/
サプリメント/レモン/生理前/食べ物/ノンケミカルとは

用語
紫外線防止用化粧品/化粧品/日焼け止めクリーム/乳液美容液/フォーム/紫外線防止剤





 
 
  肌 サイトマップ