肌荒れ ニキビ
     

過剰な洗顔&クレンジングは避ける

洗いすぎると角質が厚く硬くなる
ニキビが気になる人のなかには「皮脂や汚れをしっかりと落とさなくては」と、1日に何回も石けんを使って洗顔したり、メイクをしていないのにクレンジングをする人がいますが、それでは洗いすぎです。
確かに、余分な皮脂や汚れを肌に残さないことは、二キビ予防にとって大事なことです。しかし、一生懸命洗ったからといって詰まった脂はとれませんし、必要以上に肌にある「うるおい成分」を落としてしまうため、肌が乾燥してしまいます。そのままにしておくと、角質が硬く厚くなり、その結果、余計に毛穴を詰まらせてしまうことに。
つまり、予防のためと思ってしたことが、反対にニキビができる原因をつくってしまうことになるのです。「いつも肌を清潔にしているのに、どうしてニキビができるのかな」と思っている人は、洗顔とクレンジング法をもう一度チェックしてみましょう。

さっぱりタイプの石けんとクリームのクレンジングを使う
朝は、洗ったあとさっぱりとするタイプの(できれば固形の)石けんを使って顔を洗いましょう。夜(または夕方)は、メイクをしていたら、まずクレンジングを。油分の量が多すぎず、少なすぎない、肌触りがソフトなクリームタイプのクレンジング料がおすすめです。もちろん、洗い流せるタイプを選びましょう。
注意したいのが、オイルクレンジングです。界面活性剤がたくさん入っていますし、もともとは強いメイクを落とすためのものですから、毎日使っていると肌を傷めてしまうことがあるので、できるだけ避けます。クレンジングをしたあとは、朝と同じ石けんで洗顔をします。洗顔後は、清潔なタオルで肌を押さえるようにして、水分をとります。

その他 ニキビ




 
 
  肌 サイトマップ