肌荒れ ニキビ
     

背中ニキビ

背中ニキビができると、とても気になりますね。特に女性の方は、知らない人に見られていると思うと出掛けるのも 嫌になってしまいますね。なぜ、背中ニキビはできてしまうのでしょうか?
それは、背中には顔の次に皮脂線が多くあり皮脂の分泌や体の他の部位より多いためです。皮脂が多いということは、アクネ菌の餌となるものが多くあるということです。 顔と違い手が届かないこともあってなかなか肌のお手入れがしにくいことです。また、背中ニキビは小さくたくさん散らばっているのが特徴です。

背中ニキビを予防するためには、皮脂や汗を洗い流して清潔にしておくことが重要です。また、しっかり背中を洗おうとしたりして、ナイロンタオルなどで力を入れてゴシゴシと洗う人がいますが、それは絶対にやめてください。肌が荒れてしまいニキビも悪化してしまいます。背中や体を洗う場合には、手で洗ったり木綿のタオルで優しくあらう方法をお勧めします。
ボディーソープにも気をつかいましょう。洗った後にしっとり感があるものは、油分が多く含まれているものもありこれが背中ニキビを悪化させる場合もあります。また、ボディーソープには、界面活性剤を使用しており肌への刺激が大きい場合もあります。肌が弱っている場合は、脱脂効果や弱い固形石けんがお勧めです。体を洗う順番は、先に頭を洗った後に背中を洗いましょう。先に背中を洗ってしまうと、髪の毛につけすリンスなどが残り、肌に刺激を与える場合もあります。
普段着る服にも気をつけましょう。できる限り刺激が少ない衣類にしておきましょう。

背中ニキビに効果がある漢方
体の内側からの治療もお勧めです。

柴胡精肝湯
ニキビの炎症を鎮めたり免疫を高めたり体質を改善します。

十味敗毒湯
アレルギー体質で虫刺されなどの跡が消えない肌質の人に合うようです。









関連内容 ニキビ



 
 
  肌 サイトマップ