肌荒れ ニキビ
     

便秘とニキビ

胃腸の働きが悪くなると、まず消化不良をきたします。そしてメカニズムの狂いが全体 に及び、下痢あるいは便秘をまねくことになる。時に下痢と便秘を交互に繰り返し、 いっこうに正常なサイクルにもどらないこともあります。 いずれの場合にも、皮膚症状として短時間にでてきます。
まず消化機能が低下し消化不良を 起こすと摂取した食物から十分な栄養を吸収できずに栄養のバランスが乱れます。 内臓の鏡とも言われる皮膚はすぐに貧栄養状態になります。中でもビタミンの欠乏は即時 に起こり皮膚の張りやうるおいをなくしてしまう。皮膚表面を弱酸性に保つ力も低下し、 皮膚常在菌などに対する抗菌力も低下してにきびができやすい状態になってしまいます。
特に便秘の場合は、腸内に消化された食物が長く滞在することによって起こる弊害が問題となる。 分解物が異常発酵し、有害物質を産生してしまう。便秘により有害物質は排出されることなく 吸収され、血液を通して末端の皮膚組織まで運搬される。その結果としてにきびの増悪が生じることになる。
便秘をよくするには、規則正しい生活と適度な運動、そして牛乳、くだもの、野菜 など食品を多く摂ることが大切である。


関連内容

その他 ニキビ



 
 
  肌 サイトマップ