肌荒れ ニキビ
     

和食中心の食生活と6時間の睡眠を維持する

寝だめはせずに粗食に近い和食を摂る
ニキビをスキンケアだけで予防することはできません。もっとも大切なのは、ホルモンバランスを乱さないような生活を心がけることです。睡眠は足りていますか? 睡眠不足になると、肌の免疫力が下がり、ニキビができやすくなるだけでなく、ニキビが大きく、腫れやすくなります。きちんと睡眠をとる、それも規則正しくすることが重要です。寝不足をしたり寝だめをしたりするのが、いちばんいけません。 最低6時間は眠るようにしたいものです。特に大人ニキビの対策には、睡眠時間は、重要なポイントです。
また、食生活も重要です。ニキビが重症化するケースは、苦から欧米人に多く、日本人には少なかったのですが,最近日本人でも重症なニキビが増えたのは、食生活の変化もあるようです。動物性脂肪の多い欧米型よりも、和食中心、とりわけ「粗食」のほうが、肌のためにはよいです。できれば、主食を白米から玄米に変えてみましょう。白米におかずをプラスして食物繊維やミネラルを補おうとすれば、カロリーが増えてしまいます。しかし、玄米にすれば、カロリーを増やさずに食物繊維やミネラルを補うことができます。
また、抗酸化力をつけるために、緑黄色野菜を摂ることも必要です。


その他 ニキビ



 
 
  肌 サイトマップ