肌荒れ ニキビ
     

角栓柔軟性・除去成分 イオウ


一般用医薬品
毛漏斗部の角化異常による閉塞の解消に対して有効であり,わが国でニキビに対する外用療法の第一選択のひとつともなっている。 非炎症性座瘡に対しての効果は高く,面皰の拡大・新生を抑えてくれるが,つけすぎると乾燥しすぎ,かさつきが生じて問題になる場合もある。 かさつきが気にならない胸部や上背部のニキビに対しても有効である.二キビダニ(毛包虫)が原因の毛包虫性座瘡のことがあり,イオウ製剤が著効する。

医療用医薬品
イオウには角質剥離作用があるため,毛包漏斗部の角質を除去する目的で用いられている.古典的ではあるものの,根拠に基づいた検証した報告はない。
クンメルフェルド液(イオウカンフルローション)が処方薬として用いられるが,ドラッグストアで手軽に購入できる市販薬やニキビ用スキンケア商品の多くがイオウを含んでいるため,差別化できないのが現状である。さらに,市販薬にはさまざまな剤形があり,使いやすさから市販薬のほうを好む人も少なくない。
イオウ製剤を用いる際の注意点としては,刺激症状の出現に気をつけることと,乾燥させすぎないことである.アトピー性皮膚炎に合併したにニキビにはもちろんのこと,成人女性に用いる際にも乾燥させすぎることで,かえって皮疹を悪化させることもある.
本来は,微小面皰への効果も考えて皮疹部以外にも外用するのが理想的であるが,乾燥症状が気になるときには患部にのみ外用するように,たとえば綿棒を用いて塗布するなどの工夫が必要である。
通常,クンメルフ工ルド液を用いる際,イオウの粉末が白く浮き出るため,外出時には上澄み液のみを用いるようにする。上澄み液のみでも脱脂力が強いので,使用後のかさつきが気になるようであれば患部にのみ塗布するように説明する必要がある。
また,顔面全体に塗布する際にも,手にとって塗ろうとすると,指のあいだから液がこぼれて衣服などに付着してしまう。イオウで汚れるうえ,独特の匂いはとれにくいため,液剤を綿花に浸してから塗布するように指導しておくとよい。非炎症性ニキビにきびの治療に用いられるクンメルフ工ルド液であるが,収敷作用があり,スッとする使用感により,炎症性ニキビに対して用いても熱感をとることで症状を軽減することができる。また,とくに思春期の男子が訴える顔面の脂浮き,べタべタ感にもきわめて有効である. 画地に対する治療法としては,ケミカルピーリングとレチノイドに主役を奪われつつあるが,古典的なイオウ製剤の利点は,安価であることと妊娠への影響を気にしなくてよい点である。イオウ製剤も工夫して使えば,にきび治療のひとつのツールとしてまだまだ出番はありそうである。

硫黄(イオウ)が含まれる塗り薬
・クレアラシル ニキビ治療クリーム レギュラータイプ
成分:イオウ3%、レゾルシン2%、グリチルリチン酸二カリウム0.5%、トコフェロール酢酸エステル0.5%

・にきび薬ビフナイト
成分:100g中 イソプロピルメチルフェノール1.0g イオウ 3.0g グリチルレチン酸 0.5g

・メンソレータム アクネスニキビ治療薬 
成分: イオウ   3% レゾルジン 2% グリチルレチン酸 0.3% 酢酸トコフェロール(ビタミンE誘導体) 0.5%

・ピンプリット にきび治療薬N
1g中   イオウ 40mg レゾルシン 20mg 酸化亜鉛 20mg グリチルレチン酸 3mg

・アンナザルベエース
成分: イオウ 3.0%  レゾルシン 2.0%  グリチルレチン酸 0.3%


関連内容
ニキビ 塗り薬

その他 角栓柔軟性・除去成分
サリチル酸/レゾルシン/

その他 ニキビ


 
 
  肌 サイトマップ