肌荒れ ニキビ
     

ホルモンバランスの乱れを疑う

寝不足のときに悪化しやすい
最近、20歳をすぎてからできる「大人のニキビ」といわれるものが増えています。10代までとは違う、いくつかの特徴があります。まず、あごの部分にできやすく、治りにくくあとが残りやすい傾向にあります。また、必ずしもオイリー肌(脂性肌)の人でなくてもできます。さらに、患者さんを拝見していると、まず、明らかに、睡眠不足のときに悪化します。次に原因として挙げられるのが、ストレスです。ただし、ストレスの場合、本人が自覚していないことが多いようです仕事のストレスなど、慢性化しているので とくに意識していないのです。

ちょっとしたストレスなどがの原因に
大人の二キビの原因は複雑で、医学的によくわかっていない部分も多いといわれます。しかし実際には、このように、ちょっとした睡眠不足とか、ちょっとしたストレスとか、誰にでもありそうなものが積み重なって、ある日急にホルモンバランスが乱れて「大人のニキビ」は出てくるといえます。



その他 ニキビ



 
 
  肌 サイトマップ