肌荒れ ニキビ
     

ストレスが皮脂の分泌量を増加させる

皮膚トラブルの原因として、よく「自律神経の乱れ」という言葉が使われますが、これが何を意味しているのかご存じでしょうか。 自律神経は、脳から内臓、皮膚の血管まで全身に張りめぐらされており、交感神経と副交感神経の相互作用によって、それぞれの働きをコントロールしています。
たとえば、人が怒りや恐怖を感じたり、極度の緊張状態のときに脈拍が増し、汗が出てくるのは、交感神経の作用によるものです。一方、食事中や休息時など、リラックスした気分のときに副交感神経の作用によって心拍数が低下し、唾液や消化液が分泌されて消化機能が高まった状態になっています。
こうして、無意識のうちに、双方が緩急のバランスをとることによって、体が安定した状態に保たれているのです。ところが、イライラや不平不満などの悪感情が募り、交感神経ばかりが作用し統けると、からだは闘争モードに入り、筋肉に血液が集まってしまい、皮膚の血行は悪くなります。肌にとっては悪いことこのうえありません。「自律神経の乱れ」とは、このアンバランスな状態をさしているのです。 脳の視床下部は、ストレスを受けると自律神経を通して、腎臓の上に位置する副腎に信号を送り、副腎髄質からアドレナリンという物質を放出します。そのことによってからだの免疫を増強しょうとするのです。
また、同時に、脳下垂体から分泌される副腎皮質刺激ホルモンによって副腎皮質から糖質コルチコイドが分泌され、免疫を抑制しょうとします。戦闘姿勢を見せてからだをストレスから守ろうとするアドレナリンと、
「まあまあやり過ぎはいけないよ」 となだめる糖質コルチコイドがバランスをとっているのです。
自律神経が過度に緊張する時間が長く続くと、コルチコイドの分泌が増すばかりでなく、コルチコイドと同じく副腎皮質から分泌される男性ホルモンの量も増し、皮脂腺を発達させ、皮脂の分泌を高めてしまうことも推察できます。自律神経の過度の緊張は、からだのバランスにもさしさわり、ひいてはニキビができやすい状態にも導かれるという現象が考えられます。自律神経が乱れると、皮脂の分泌量が増加することは、経験的に知られています。しかし、自律神経とニキピの関係となると、実験的にはまだまだ立証されるまでにはいたっていないのが現状です

その他 ニキビ



 
 
  肌 サイトマップ