肌荒れ ニキビ
     

ニキビ痕になるかどうかは肌質や体質によって決まる

ニキビができたとき、まず心配になるのが、「痕になるかどうか」ということでしょう。10代のころのニキビ痕が、大人になってもずっと残っている人を見かけるからかもしれません。 
ニキビ痕に関して、よくいわれるのは「つぶすと痕が残る」ということですが、それは必ずしも正しいとはいえません。つぶしても、うまく芯が出せればむしろきれいに治るものだからです。
また、つぶさなくても痕が残る人もよくあります。痕が残るかどうかは、実はほとんどがもともとの肌質や体質によって決まるものです。ニキビは、段階が進めば進むほど(悪化するほど)、痕が残りやすいのはいうまでもありません。
しかし、その段階がどこまで進むかには、かなり個人差があります。面庖の状態でほとんど留まっている人もあれば、コメドのうちの一部が膿をもつまで進む人もあります。一度でき始めると、いじらなくてもどんどん進んで、硬結ニキビまでいってしまう人もあります。どこまで進むかは、本人の肌の免疫力などによって決まるのです。
また、人それぞれの肌の回復力の差も、ニキビ痕になるか、ならないかに影響を与えます。たとえば、炎症性ニキビくらいまでであれば、ほとんど痕が残らずに治る人もいますが、若干の凹凸やシミが残る人もいます。男性のように肌が硬い人のほうが、痕が残りやすいようです。痕が残りやすい人は、痕を増やさないためにも早めの治療が必要になります。


その他 ニキビ



 
 
  肌 サイトマップ