肌荒れ ニキビ
     

背中や胸のニキビで悩むときは、木綿の下着をつける

洗うときは綿のタオルを使う
「背中にできたニキビがなかなか治らなくて困っています」という患者さん。よく聞くと、お風呂のたびに、ナイロンのタオルで背中をゴシゴシこすって、脂や汚れを落とすようにしている」ということでした。これでは、治るどころか、悪化してしまういっぽうです。 
もちろん、皮膚の清潔を心がけることは、ニキビ予防には必要なことです。しかし、背中や胸の二キビにかざらす、できたものはこすってよくなるということはありません。毛穴の中にあるアクネ菌まで落とすことはできませんし、肌への刺激になるだけです。続けていると、シミになってしまうこともあります。洗うときは、ナイロンタオルやボディブラシは避けて、ふつうの綿のタオルを使いましょう。こすりすぎず、やさしく洗うことが大事です。ボディソープよりも普通の石けんを使いましょう。また、背中と胸のニキビができやすい部分には、ボディクリームを使わないようにします。余分な油分がニキビをつくる原因になるからです。肌に残ったシャンプーやリンスも肌を刺激します。からだを洗うのは、シャンプーやリンスといったヘアケアのあとにしましょう。

朝晩のシャワーと木綿の下着で肌への刺激を最小限にする
意外と知られていないのが「背中と胸のニキビは汗と衣類の刺激で悪化する」ということです。朝晩シャワーを浴びて、夏場は汗をこまめにふきとるようにしましょう。これだけで、ニキビが改善することもあります。また、衣類は、木綿のように吸湿性がよくて、肌触りのよいものにします。チクチクするようなニットを着ただけでニキビが増えてしまうこともあるからです。


その他 ニキビ



 
 
  肌 サイトマップ