肌荒れ ニキビ
     

皮脂やアクネ菌は悪者ではない

ニキビ(座癒、英語ではacne)は誰でも経験するような、とてもポピュラーな肌トラブルですが、よく理解していない人が、意外に多いものです。  
まずニキビは、「皮脂が多いからできる」というものではありません。もちろん、10代の人のように、
余分な皮脂が大きな原因になっているものもあります。

しかし、20代をすぎてからでき大人の場合は、オイリー肌(脂性肌)の人には必ずできるというものでもなく、また、頬のような乾燥する部分にだけできる人もいます。「アクネ菌がにきびの原因菌だから、殺菌したほうがよい」という考え方もあるようです。

確かにアクネ菌が毛穴の中で繁殖することが、にきびを悪化させる一因です。ただし、アクネ菌は皮膚の常在菌で、肌表面のバランスを正常に保つことに貢献している菌であり、悪玉菌ではありません。 そのため、殺菌してしまうわけにもいきません。 「皮脂」と「アクネ菌」という、どちらも肌にとって必要なものたちが、ニキビをつくってしまうのはなぜなのでしょう。  

実は、あまり知られていないことですが、にきびができるときの第一歩は、「毛穴の出口の角質が厚くなる(角質肥厚を起こす)」ことです。角質が厚くなりすぎて、毛穴をふさぐようになり、皮脂が詰まってくるのです。そして、毛穴に詰まった皮脂を栄養源として、アクネ菌が過剰に繁殖。炎症を起こして、悪化していきます。この角質肥厚には、男性ホルモンや、皮脂がアクネ菌によって分解されてできた遊離脂肪酸など、いろいろなものが関係します。
しかし、詳しくいうと、やこの角質肥厚に関しては、医学的によくわかっていない部分もあるのです。

アクネ菌とは? 肌表面のバランスを正常に保つことに貢献している細菌で、常在菌の一種。 Propionibaclerium acnes(通常はP.acnesと略されます)といい、思春期以降の男女の皮膚にアクネ菌はほぼ100%住みついています。嫌気性菌といって、空気のあるところでは生きられない菌なので、毛穴の奥など、空気のないところにひそんでいます。 皮脂の分泌が増えれば皮脂を栄養源にしているアクネ菌が増殖します。 アクネ菌が生み出す酸素(細菌性リパーゼ)は、皮脂を遊離皮脂酸に変化させます。遊離脂肪酸が毛包の壁を刺激すると毛漏斗部は角化異常を起こして厚くなり コメドを作りやすくなると考えられています。
また、アクネ菌が引き寄せる、好中球が生み出す酸素や活性酸素で毛包の壁はさらに痛みつけられ
赤く炎症を 起こししたりします。

その他 ニキビ



 
 
  肌 サイトマップ