肌荒れ ニキビ
     

ニキビ

きれいな素肌なのにニキビがひとつ赤くなっているだけで、もったいない気が
しますよね。 正しいニキビの対処法はどんな方法なのでしょうか?
ニキビケアを知るだけでニキビができやすい肌でも緩和することができます。

お肌の手入れを上手にすればニキビは出来ないと分かっているのに、ニキビができて
しまうと気になって仕方なくなって思わず手で触ってしまったり。
特に顔にできてしまうと女性も男性もニキビの対処法に困るのではないでしょうか。
ニキビの原因を知り、対処法を理解してニキビのないきれいな素肌にしたいですよね。
ニキビを治すには素肌をきれいにするための方法を実践することが重要になってきます。
ニキビの原因は様々です。思春期にできるニキビや大人になってからできる大人ニキビ
では対処法も違いますし、ニキビの原因となるものは皮脂の分泌量だけでなく、ストレスや
不規則な生活、 睡眠不足や運動不足、偏食等も考えられます。
肌は内臓の鏡ともいいますから、ニキビ治療と小さく考えるのではなく美肌作りに必要
なことを実践しながらニキビの対処法を考えるといいでしょう。
美しい素肌は男女ともに憧れの的です。 きれいな素肌になるために、スキンケアについて
理解しニキビ治療をすすめていきましょう。

緑黄色野菜を意識して摂取しましょう。
毎日の生活が忙しくて食事がおろそかになっていませんか?また、外食が多く肉食中心
の食事になっていませんか?栄養のバランスを良くすることは、体の調子を整えることに
つながります。 従来からの和食は栄養バランスに優れているものが多くあります。
和食中心の食事を心がけましょう。

ビタミンを積極的に摂りましょう
ニキビの予防として必要なのは、ビタミンになります。肌のケアとしてもビタミンが必要
だと言われますが、特に皮脂の分泌を抑えるビタミンB1とビタミンB2が効果的です。
更にビタミンEもそのひとつで、血流を改善することで、角化異常の発生や色素沈着を
防ぐのに役立ちます。

睡眠時間は6時間以上を目標にしましょう。
睡眠不足は、ホルモンバランス乱れや免疫低下につながります。仕事や家事などが
忙しくてなかなか睡眠時間を確保することが難しいかも知れませんが、睡眠時間を
6時間以上は確保できるように生活スタイルを改善していきましょう。
また、睡眠は肌の再生に変わる成長ホルモンの分泌にも関係しており決まった時間に
就寝するように心がけましょう。

ニキビ治療がうまくいかない場合は、皮膚科を受診することをおすすめします。
皮膚科にいけない人も自分にあった薬を選ぶためには、薬に入っている成分を知って
おくことは重要です。

背中ニキビ
背中ニキビができると、とても気になりますね。特に女性の方は、知らない人に見られ
ていると思うと出掛けるのも 嫌になってしまいますね。

なぜ、背中ニキビはできてしまうのでしょうか? それは、背中には顔の次に皮脂線が
多くあり皮脂の分泌や体の他の部位より多いためです。

皮脂が多いということは、アクネ菌の餌となるものが多くあるということです。
顔と違い手が届かないこともあってなかなか肌のお手入れがしにくいことです。
また、背中ニキビは小さくたくさん散らばっているのが特徴です。

背中ニキビを予防するためには、皮脂や汗を洗い流して清潔にしておくことが重要です。
また、しっかり背中を洗おうとしたりして、ナイロンタオルなどで力を入れてゴシゴシと洗う
人がいますが、それは絶対にやめてください。肌が荒れてしまいニキビも悪化してしまいます。

背中や体を洗う場合には、手で洗ったり木綿のタオルで優しくあらう方法をお勧めします。
ボディーソープにも気をつかいましょう。洗った後にしっとり感があるものは、油分が多く含
まれているものもありこれが背中ニキビを悪化させる場合もあります。

また、ボディーソープには、強めの界面活性剤を使用しており肌への刺激が大きい場合
もあります。肌が弱っている場合は、脱脂効果や弱い固形石けんがお勧めです。

体を洗う順番は、先に頭を洗った後に背中を洗いましょう。先に背中を洗ってしまいま
すと、髪の毛につけずリンスなどが残り、肌に刺激を与える場合もあります。
普段着る服にも気をつけましょう。できる限り刺激が少ない衣類にしておきましょう。

基礎知識
アクネ菌/皮脂/にきびのでき方/場所/ストレス/睡眠時間/紫外線/大人 ニキビ
思春期 対策/洗顔/男性ホルモン/黄体期/保湿/ピーリング用石けん/木綿の下着/白ニキビ
ファンデーション/治療/つぶし方/黒ニキビ
ニキビ跡消す/体質 肌質/ストレス/便秘/ノンコメドジェニック/アクネ化粧品/
ノンコメドジェニックテスト/背中ニキビ/ニキビ跡消す

ニキビ知識
飲み薬
ビタミン剤/抗生物質/飲み薬 ホルモン剤/トリコモナス薬/ ビタミンA誘導体/スピロノラクトン/
漢方/

ニキビ 塗り薬成分
塗り薬/市販品 成分

角栓柔軟性・除去成分
サリチル酸/レゾルシン/イオウ

抗炎症成分
グリチルリチン酸/グリテルレチン酸/アラントイン

抗菌成分
イソプロピルメチルフェノール/ピオ二ン(感光素201)/トリクロサン/
塩化ベンザルコ二ウム/ 塩化ベンゼト二ウム/グルコン酸クロルヘキシジン

抗酸化作用
ビタミン C





 
 
  肌 サイトマップ