肌荒れ ニキビ
     
保湿剤
保湿剤は製品の水分蒸発を防ぐと共に、皮膚表面の水分の調整をして、
皮膚、毛髪にうるおいのあるしっとり感を与える目的で配合される。

皮膚角質層の水分量が、皮膚の健康維持や外界からの様々な刺激からの
防御機能に密接に関係し、皮膚の老化防止、うるおい、なめらかさなどの
感触に大きな役割を果たしている。

この角質層の水分保持は通常NMF(天然保湿因子)と皮脂膜によって,
コントロールされているが、老化もしくは外界からの刺激などで容易に
その機能が低下することから、化粧品でその保湿成分を補うことは、
基礎化粧品の大切な効能の一つである。

肌の水分を補う保湿成分としては、生体成分と同じか、類似の成分が
注目され、応用されるようになっている。したがって、NMFの構成要素で
あるアミノ酸、ピロリドンカルボン酸(PCA)、乳酸などが用いられる。

また、真皮層の保湿にかかわりの深いヒアルロン酸、コンドロイチン
硫酸などのムコ多糖類は、肌になじみがよく、水分保持効果が高い原料
として配合されている。バイオテクノロジーの進歩により、ヒアルロン酸など、
天然界からは入手しづらかったものも、生産できるようになった。

さらに、表皮細胞の水分保持に大いにかかわっているのが細胞間脂質であり、
この脂質の類似物質も開発されている。
そのほか、保湿剤としては、昔からグリセリン、プロピレングリコール、
ブチレングリコール、ソルビトールなどの多価アルコール類が多く用いられている。

これらは水分を保つ働きばかりでなく、使用感にも大きく影響する。
植物からの抽出成分も、角質層の保湿機能を補い、うるおいのある
肌づくりをし、肌の恒常性維持に有効なことから広く配合されている。

さらには、可溶性コラーゲン、エラスチン、ケラチンなどのたんぱく質加水分
解物、カニやエビの殻を主原料とするキチン・キトサン、ビフィズス菌代謝物、
酵母発酵代謝産物、酵母抽出物、海藻エキスなど多くの物質が保湿剤として使用されている。

肌 乾燥/保湿成分/肌 角質/保湿とは/乾いた空気と肌/天然保湿因子/セラミド/
飲むセラミド/ヒアルロン酸 特徴/セラミド 選び方/保湿 パック/乾燥 パウダーファンデーション
保湿剤 種類







 
 
  肌 サイトマップ